運転免許を合宿で取得する|教習所を選ぶポイント

2つのタイプを比べる

運転練習

車の運転免許を取得する為には自動車教習所に通う方法があります。大きく教習所は2つに分けることができ、合宿タイプと通学タイプがあります。この2種類ですが、合宿タイプは泊まりこみをして2週間ほどで免許を取得することができます。そして、通学タイプですが、自宅から通う形式となっており、取得するまでの期間は人それぞれです。自分のタイミングで教習所へ行くことができますが、短期間で取得するには不向きです。短期間で車の免許を取得しようと考えている人は、合宿タイプを利用する必要があります。

合宿タイプは、始めから卒業までの日程があらかじめ設定されています。その為、通学で必要になる学科や技能の授業予約は不要となります。あらかじめ決められているなら検査に合格しなかった時が心配ですが、技能講習が延長した場合も対応してくれます。同じ教官が指導してくれますので、生徒の苦手な部分や得意としている部分も把握してくれています。その為、苦手な部分を徹底的に改善することができます。反対に通学の場合ですと学科の授業を受けます。学科は大人数でも受けることができます。技能講習は人数が多い場合ですと予約をとるかキャンセル待ちをするので、時間を有効活用できません。また、教官も毎回変わりますので、生徒の癖を教官が知らない場合が多いのです。このように、合宿タイプで車の免許を取得することは短期間で終えられるメリットが多くあるので、急いで取りたいと考えている人には向いています。その他にも激安ですし、地元と違うところで教習を受けることができるのも魅力です。合宿で車の免許を取得しようと考えている人は調べてみるといいでしょう。